\低金利ローンおすすめ1位/

トップページ > 北海道

「急な出費で今すぐ現金が必要」
「給料日まで借入したい!」

当サイトでは北海道で今すぐのお借り入れをご検討中の方に、人気の低金利ローンをご紹介しています。審査時間最短30分、無利息期間もあって短期間の借入にも最適です。まずは借入可能か簡単3秒診断を試してみましょう。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日OKカードローン

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「職場の同僚にバレたくない」WEBで完結するネット審査は誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしでのお申込みにしたいならプロミスの他にモビットも評判です。

北海道の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

お金の基礎コラム

何か買えば手元に品物が残りますが、お金という形で残るのがキャッシングです。使ってしまえば残りませんが、一括返済や分割返済も選択でき、まとまった額から小額まで対応できますから、利用価値は高いです。一括返済するならメリットは大きいですが、分割で返済するときはその期間分の利息をつけて返す必要があり、ときにはストレスを感じることがあるかもしれません。もしキャッシングで何かの費用を賄おうと思ったら、自分の収入に見合った額かはもちろん、月々の支出に加えても大丈夫な額か検討し、たとえ必要な金額でも後々ムリが生じないよう、金銭感覚がずれたりしないよう、いま一度、改めて問いかけなおすことが重要なのではないでしょうか。ちゃんとした消費者金融においては、担保が無い代わりに絶対審査を受ける必要がありますので、無審査でお金を貸してくれるところは全く存在しません。街中の消費者金融の看板表記の中に、無担保、無審査でお金を貸しますと表現している告知看板もたまにみますが、これは確実に違法な消費者金融であるため、お金を借り入れてしまったら、違法な額の金利を請求されるため、くれぐれも手を出さないでください。返すお金がなく、債務整理の手続きを1回でも行うと、全てのカードローンの利用が不可となるのが原則です。その理由は、債務整理を行った事実が信用情報機関に保存されているためで、その他の貸付契約もこの記録が保持されている間は一切不可能でしょう。この信用情報の保管は少なくても5年間ですから、再びカードローンや貸付契約をするには、その期日が来るのを待たねばなりません。審査が特に行われることなくお金をおろせるようになるカードローンもあるのですが、こうした契約を信用することは命取りです。ほんの少し借りるだけだったとしたって、金融業者としては当然、審査なしには契約しません。「審査なし」のアピールがあればそれは正規の金融業者ではないことがあり、利用した場合予想だにしない事態が起こりえます。少しだけのキャッシングがしたいけれど、キャッシングが行える最低の額というのは、いくらぐらいからなんだろう、と考える人も多いと思います。一応、一般的には個人融資のキャッシングで借入できる最低額は、1万円という金額になりますが、千円単位から借入できる金融会社もいくつかあります。返済日に遅れずきちんと返済しておけば、信用度が上がり、キャッシング業者から追加融資を認めてもらえるでしょう。とはいえ、返済遅延の過去があったり、短い間に頻繁にキャッシングを繰り返しているような場合では、追加融資は望めません。これらは、信用度が落ちる行為だからです。実際に追加融資をするには増額申請をするのですが、この時の電話で仮に断られたとしたら、そこで諦めましょう。間違っても、何度も電話して短期間に増額申請を繰り返すようなことはNG行為です。最悪の場合、業務妨害となって強制解約措置を取られる可能性があります。休日、一番のリフレッシュできる趣味のドライブをしているときにふとした時に財布を見ると現金が少なかったことがありました。ですが日曜だったし、急な事なのでお金を借りることができるのかと、かなり心配をしたのですが、休日でも何の問題もなく、現金の借入ができました。こんなことになる前までは、休みの日でもキャッシングが利用できると全く頭の中でも想像していなかったので、休日でも関係なく現金の借り入れ可能なことが解ってすごく便利で助かりました。キャッシング会社が儲かるシステムは、借金を負っている人から受け取る金利が利益の元となっています。キャッシングは比較的手軽にできますが、その分だけ金利が高いですから、返済回数が多くなるに従って、多額の金利を支払わなければならなくなります。分割で返すのだし、念のために多めに借り入れようかなと考えずに、計画性を持って借りるようにしましょう。消費者金融の審査制度は、使ったことがないためわかりませんが、もし審査に落ちるとその後はどのようになるのでしょうか?消費者金融で借金をする人は、生活にかなり困っているために借りることを希望したのでしょうから、大変ですよね。消費者金融は以前に比べ、身近に感じられるようになりましたが、そのものとしては変わっていません。消費者金融はあくまでも利子つきのお金を貸す業者であり、返済が滞ると人生が終わるのは変わっていません。深く考えもしないでキャッシングに手を出してはいけません。借金するなら、「返さないと重大なことになる」ことを心に留めて使うようにしましょう。

おすすめ1位のプロミス